0745-60-0617
古民家ギャラリー ら・しい

當麻タイムス

最近、修復工事中の西塔(国宝)の心柱最上部にて飛鳥時代後期(7世紀後半)に制作されたとみられる

金、銀、金銅製の舎利(しゃり)容器が見つかったと、同寺と奈良国立博物館などが14日発表されました。

画像でテントを被った工事現場と當麻寺境内の夜の風景です。

_DSC8229.jpg